ギャラクシーの赤い花

 銀河という名前は実に良く出来た名前です.以前にマミラリアの生長点部の綿毛の様子がそれぞれ個性的なギャラクシーだという記事を書きました.その中でも,銀河とドンピシャの名前を頂いたこの植物は花がない時もあるときも正にギャラクシーそのものです.現在見ることの出来る銀河は,他のマミラリアと同様,多毛系が選抜されていて,とても美しくなっています。もともと学名もシノニムが多数存在し,その一つのM.saetigeraはCitesではM.spすなわち該当する学名なし,またしばしば用いられるM.san-anglensisM.haageanaのシノニムとされます.いずれにせよこの種は,内裏玉などが含まれるM.haageanaに大括りされるようです.ただ,事実としてボクたちが内裏玉とよぶものと銀河とはずいぶんと違った印象ですよね.こうした違いは共通理解として大切に保持したいと思います.ウチには3株いますがそのうちの大きいもの2株が下の写真です.
銀河2018①
河2018②
 最近ちょっと気になることがあります.選抜を急ぐあまり近親交配を進めたためでしょうか,径の出ないものが見られることです.やはり大きく育ちゆったりとした雰囲気を醸し出すものが良いですね.

私事ですが,今日はボクの誕生日,銀河は誕生日ケーキの様でもあります.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

黄葉ヘキランの変化

 これまで紅葉ヘキランの時期的変化はなんどかこのブログでも記事にして来ました.ヘキランには,紅葉ではなく黄葉するものもいます.この六稜のへキランは,小さいときから黄葉系でした.今シーズンはこの黄色の発色を時系列で追いかけてみました.
 11月中旬何となく色が出て来ました.
黄葉ヘキラン11月
 12月 10日過ぎ,かなり冷えて来ましたが,冷えたからと言って色がさえる訳ではなさそうです.
黄葉ヘキラン12月
 1月10日過ぎ相当黄色くなって来ました.
黄葉ヘキラン1月
 その2週間後の1月下旬,相当黄色くなりました.
黄葉ヘキラン1月下旬
 2月上旬すっかり,黄色くなりました.今年はとても寒いのですが,生長点付近が少し動いています.
黄葉ヘキラン2月上旬
 こうした時系列の色の変化は,紅葉系とまったく同じです.ただこの黄葉系系統ではベタキサンチンと思われる黄色の色素が蓄積しており,紅葉系へキランではベタシアニンと思われる赤色の色素が蓄積していることが違うところです.両者が混じってグラディエーション出すような紅(黄)葉系が出来たらさぞ綺麗でしょうね.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

毎年楽しみな白刺カルメナエ

 毎年年が明けると白い刺の間からたくさんの蕾が顔を出します.年にもよりますが,だいだい寒の最中に咲き出します.なかなか良い天気の日に出会わず,満開の写真が毎年撮れるとは限りません.5年前に手に入れた時はまだ小さな群生株でした.ずいぶんと大きくなったなと思う半面,そろそろ後代を用意しないとある日突然悲しい別れが来るかも知れません.
白刺カルメナエ2018Jan①
白刺カルメナエ2018Ja②
 そう思っていたら先日山城愛仙園さんの温室で,プラグトレーに植わった小さな白刺カルメナエの実生がたくさんありました.そこで分かったことは,白刺カルメナエと言っても色々だということです.タネを播くとある程度のバリエーションがあるのです.国内で見る様々なカルメナエがほぼ白〜黄花であり,かつ刺の様子も違うし,白刺カルメナエの由来そのものがカルメナエ種なのかを疑っています.もしかするとカルメナエ交配種からの選抜系統なのかも知れません.何はともあれなるべく白いのを一つ拾い上げて来ました.来年は後代が採れるかな.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

ピレンシスという刺マミ

 このいつもこの時期に赤い花を上げて来ます.だんだん刺マミの様相を呈して来ました.刺に押されて花が咲きにくそうです.Rep800というFNをもつこの株の故郷は,メキシコ グアナファト近郊です.さてこのピレンシスというマミは,Mammmillarias.netの分類では,M. hamiltonhoyteaのシノニムとしてM. pilensisがありますが,Citesでは,M. hamiltonhoyteaM.giganteaのシノニムに,M. pilensisM.pettersoniiのシノニムとなっています.
ピレンシス2018
 マミラリアの話になるとどうしてもコイツは何者なの?って話題になっちゃって,申し訳ない気がします.純粋に,ああ素敵だ,かわいい!ってサボテンを眺めて上げなくてはいけませんね.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

名月が優しい花に包まれています

 昨年の記事では,やや小ぶりの鉢の上でパンパンに膨れた姿を記事にしました.その後本格的な春になって一回り大きな鉢に移植しました.そうしたら,更に大きくなって来ました.名月M.dumetorumは,明星M. schiedeanaの変種という位置づけです.でもM. schiedeana自体が相当な種内変異を有して居るので,まあ同じ種だと考える方が妥当なのかも知れません.
名月2018Feb①
 刺色と花の色が近いので全体として緑がかった色合いとなりそれが優しい雰囲気になっています.
名月2018Feb②
 そんな分類はさておき,園芸的には特徴ある系統が仕上がって固有の名前を持ってコレクションされるのは楽しいことです.彼らは上手くすると相当の大きな群生株になりますね,でもだんだん気難しくなるようです.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR