美しいギムノ多花玉の花

 サボテン趣味を再開したときは,懐かしさも手伝って少し前のめりにギムノを買いあさりました.しかし栽培が,段々と他属の種へと広がりを見せると雑居ビルさながらの栽培棚では南米病と呼ばれる熱焼けを起こす株が増え,今はすっかり数を減らしてしまいました.それでも初夏から梅雨までの間に咲いて来るギムノ達の花には時折はっとするような美しさもあります.多花玉はそんなギムノの一つです.まるで花サボのロビオプシスの様でもあり,ギムノ独特のかわいい蕾が花の美しさを引き立てています.
多花玉2018
 今は気に入った少数のギムノをしっかり育てようという方向に落ち着きました.多花玉もその1員です.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

アレキサンデリーの花

 テフロカクタス アレキサンデリーは,人気のサボテンです.特に刺の発達しないゲオメトリクスがその変わった草姿から,結構な値段で売られています.それもそのはず,成長はそれほど早くなく,ウチワ類に接ぐとそれなりに成長はするのですが,そこから茎節を1つ外して挿し木した株の成長は決して思わしくありません.なかなか気難しい植物です.一昨年の記事で,島根サボテン多肉の会の記念誌を紹介しましたが,その中でテフロ名人が開花させるコツを書かれています.冬の寒さと水やりが大切な用です.今年の冬の寒さが幸いしたのか,今年は各地でテフロが良く咲いているようです.ウチでも初めて複数の株が花を咲かせたので,交配してみました.全国で熱心な皆さんがタネを取られるでしょうから,今後実生がたくさん出回るといいですね.
 これは,刺有りタイプです.
アレキサンデリー2018①
アレキサンデリー2018②
 そして刺のほとんど無い,いわゆるゲオメトタイプのモノの花です.皆同じですね.茎1個ですが,頑張って花を着けました.以前に記事に書きましたが,これらの花のおしべに触れるとまるで動物の様に動きます.
ゲオメト2018
 すごい大株に育ててみたいなと思っていますが,どうやら道は遠く険しそうです.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

刺なし麗晃殿の花と実生

 この花も毎年この時期の定番です.刺あり型と刺なし型は,中刺の有無以外はまったく異なりません.白刺の中に輝く濃ピンクの花弁は,陽射しの下でみると吸い込まれそうな錯覚に陥ります.
刺なし麗晃2018①
 一昨年,別の刺なしの小さな株を入手し,昨年この写真の株と交配,種子を得たので播いてみました.実生の下手くそなボクのところでの成長は今ひとつですが,すべて刺なしになることが確認で来ました.ちゃんと安定した形質なんですね.
刺なし麗晃2018②
 刺なしは劣勢ホモでこうなっているのかどうかは不明ですが,刺ありと交配する気にはなれないので,確かめられそうにありません.この刺なしの赤ちゃんは配布用に大切に育てます.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

ハウディアーナの咲きぶり

 毎年この時期にハウディアーナが咲いて来ます.毎年の様に載せているのですが,今年の咲きぶりはなかなか見事です.なにもかも寒い冬のせいにしてはいけませんが,そのような気がしています.たくさんつぼみがつくのは毎年のことです.でもあちこちで散発的に開花してなかなか全体が咲く様子を見ることは出来ませんでした.
 今年の咲き始めはいつもの様です.
ハウディアーナ2018①
 でも最初に複数咲いたときは全体に花が散らばりこれはなかなかいいぞと思っていました.
ハウディアーナ2018②
 その後さらに花数は増し,素晴らしい姿になりました.自生地では地表にほんの少ししか頭を出しておらず,花が咲いて初めて存在が分かる程度だとのことです.栽培環境では,成長期にしっかり潅水すると元気に育ちます.
ハウディアーナ2018③

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

懐かしのルリ鳥

 昔,夏になると夜店というものがしばしば開かれました.暗くなってから大人に連れられて,裸電球の下に並ぶ様々な店を覗くのは,未知の世界に足を踏み入れるようなもので,それはワクワクする瞬間でした.昭和40年代は,夜店にもサボテンが並ぶ大きなブームの時代でした.
 ルリ鳥と名札の立てられて小さなサボテンを手にしたのもこうした場所でした.ルリ鳥とカタカナで表示される名前が妙に印象的で,長じて瑠璃鳥なるものが鮮やかなブルーの鳥だと知って少し驚いたものです.なぜなら,ルリ鳥の花は濃い赤橙色で,てっきり瑠璃鳥は南米のインコの様に原色の赤い鳥だと思い込んでいたのです.
 実に久しぶり,おそらく半世紀ぶりに手にしたルリ鳥は,昔と変わらぬ鮮やかな花を咲かせました.咲きかけでは朱色です.
ルリ鳥2018①
 そして開くと黄色味が出て来て,オレンジ色になります.
ルリ鳥2018②
 一斉に開花した様子はとても素敵ですね.
ルリ鳥2018③

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR