午後の花,北極丸

 難物くんとのことですが,毎年花を咲かせているのでなんとかなっているようです.あまり成長しないので,植え替えをサボっていましたが,この春久しぶりに植え替えてやりました.それがよかったかどうかは分かりませんが,綺麗に花を上げてくれました.写真を撮って上げなくちゃと思って朝方に見に行くと蕾は固く閉じています.昼になってもおんなじです.あれ温度じゃないなと思い3時頃行くとちゃんと開いていました.そうか,午後咲きだったのか,と感心した次第です.
北極丸①
 この写真,花弁が途中で折れたように曲がっていますが,これは自然にこうなりました.昼夜の温度差が大きいからでしょうか,一度咲いた花がとてもきつく閉じてしまうのです.たぶんそれが原因でしょう,ちょっと不整形になってしまいました.
北極丸②

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

新天地錦の花と実

 新天地の仲間はずんずんと大きく育つので,栽培の楽しみを実感させてくれます.斑入り株ですからそれほどではないとは言え,もうウチに来てから株の直径は倍ぐらいになったと思います.数年前から毎年花を咲かせてくれます.新天地の花は渋系の花で,ずんぐりむっくり.今年は上手く新天地錦が同時に咲いたので,交配してやりました.子供の頃,サボテン屋さんの温室で斑柄の良い所に咲いた花に実を結ばせてやると良い斑がでるのだと教わりました.
新天地2017
 交配してしばらくすると果実が膨らんできます.下の写真に右側の実には見て分かるように斑入りの有無があります.昔,こうした斑柄の良いとことから得たタネには良い斑がでると教わりましたが,本当でしょうか.
新天地実
 そうこうするうちに果実が裂開しました.もう収穫時です.でもこの種をみて,ああたくさん入っているなあ,本当にこれを播くの?と面倒くさがり屋のボクです.
新天地割れ

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

吸い込まれるような薫晃殿の花

 毎年この時期, 薫晃殿の花を記事にしています.中刺有りとなし無しのそれぞれの株を写真に撮ってみました.いずれも白い綿毛のかたまりようなガタイに明るい紅色の花が映え,覗き込むと吸い込まれそうです.これほど美しい花はそうないよなといつも感心して眺めています.特に中刺を欠くタイプは,触って気持ち良いふわふわで,是非大々的に普及すべきサボテンです.なので,実生のヘタクソなボクですが,種子を播き,少しだけですが実生が出来つつあります.でも小さい時はすぐ溶けてしまうので,これからの暑い季節がちょっと心配ですが,ぜひちゃんと育ってほしいな.
薫晃殿刺有り2017
薫晃殿刺なし2017

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

輝く紅鷹の花

 この紅鷹くん,今年も春からなんどか素晴らしい花を咲かせてくれました.金属光沢の花弁は,初夏の陽射しを反射して,それはそれは美しいのです.サボテンを再開して間もなく手に入れた株なのですが,その時つまり6年前の写真とくらべると驚くほど大きくなっています.6年前にわが家に来た時,殆どまだサボテンがなく,取り敢えず出窓にいくつかのサボテンを並べました.その時,ああ大きく立派なサボテンだなーとこの紅鷹を眺めたのを思い出します.あれから時間も経ってずいぶんと大きくなっていたんですね.
紅鷹2017
 紅鷹の良いところは、サイズを増しても若々しさが失われないところでしょうか.時間をかけて栽培しがいのあるサボテンだと思います.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

光琳玉に再挑戦

 光琳玉はかつてのギムノブームのおりは結構な人気種でした.子供の頃、すごい刺の株が欲しいなあと思っていましたが,それは高価でとても手に入りませんでした.この光琳玉というサボテンは,丈夫ではありますが、実のところなかなか手強い相手です.サボテンを再開してすぐさま一株手に入れましたが,すぐに機嫌を悪くして茶膜が上がって来ました.何ともかわいそうな姿になり,今でもギムノ棚の片隅に居ます.しばらくは新たに手に入れる気にはなれなかったのですが,ある方のハウスで強刺ギムノを上手に作られているのを見て,こりゃ避けて通っていては,技術は向上しないと思い直して,大小2つの光琳を昨年手に入れました.強い遮光下に置かず、かつひどく乾かさないように気を付けて栽培しています,今のところどちらも調子良さそうです.
光琳2017
光琳小2017
 2枚目の小さな光琳、かわいそうなことに花が開くことが出来ません.以前にも書きましたが,こんな形質は子孫を残せず,原産地では消え行く運命でしょうか.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR