希望丸台への接木

 これまで何度か希望丸を台木としたマミラリアの繁殖を記事にして来ました.実際の希望丸に接木ってどうするんですか?と聞かれました.別段変わったことはありません.高さ10cm以上,直径8cm程度に大きくなった希望丸をを用意します.台木をスパッと切って,縁を削ぎ落とし,再び薄く切って,そこへ穂木を乗せ,あとはティッシュで押さえたら,輪ゴムを掛ける.なんとも簡単,手抜き接木です.穂木と台木の切り口は密着していなければなりませんが,むやみに強く押し付けられている必要はまったくありません.動かないことが何より肝要かと.
希望丸接木①
希望丸接木②
希望丸接木③
希望丸接木④
 よほど小さな穂木でない限り,活着は極めて良好です.しばらくラグタイムはあるものの,ほどなくして穂木の旺盛な成長が始まります.なお切り口が赤くなりがちですが、これは気にしなくても大丈夫です.
希望丸接木⑤

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

マミラリアの果実をながめる

 毎年こんな記事を書いています.でもマミラリアの赤い実は本当に綺麗なんですよね.花も楽しみですが,この時期冬マミの多くが赤い果実をニョキッと出しています.以前にも書きましたが,これらの果実は必ずしも種子を含んでいるとは限りません.中味は空っぽでもちゃんと果実は発達するんです.
 最初は金銀司,黄刺のマミすぐ拗れてなかなか大株にならないから大事にしなさいと言われ,種子をまこうかと思いましたが,この果実は種子を含んではいません.ちゃんと交配しないとダメですね.
金銀司の実2017
 次はビエスケンス, 細身でくねった赤い実がユーモラスです.やはり中味は空っぽです.
ビエスケンスの実
 その次は白玉殿,最近ちょっと気になる白玉殿の正体です.取り敢えず2株いるので交配してみましたが,ちゃんと種子を持つ果実を作りました.播種しなくちゃね.
白玉殿の実
 そして銀河,これも今年は意識して交配しました.これまでまったく交配をしたことはなく,銀河の赤い実を見ることはありませんでした.この種は,交配して初めて,果実が発達するようです.
銀河の実
 これは何度も登場する姫曙,これも中味は空っぽです.
姫曙の実2017
 最後はアザラシ,これは種子を作ります.少し播いてみましたが,ちゃんと生えました.
アザラシの実

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

救出した陽炎

 あまりお行儀のよくない植物マニアが,山から植物を採取することをしばしば救出して来ると言います.どうせ誰かに取られるのだから,このままおいておくと絶滅しそうだから,と勝手な言い訳をして自分が持ち帰るのです.このような行為を良く思わない人は、彼らのことを「剥がし屋」と呼びます.さてボクは,サボテン屋さんのハウスを見回っていて長らく移植されず,窮屈そうにしているサボテンを見ると救出したくなります.わざわざそうするのは,どうやらしばらく窮屈に育ったものの方が,「救出」後の生育が良さそうだからです.
 この陽炎くんもずいぶん窮屈そうでした.
救出した陽炎①
抜き上げてみると,回りの分枝はすっかり変形するほど押し付けられていました.元気に育っていた証拠でもあります.
救出した陽炎②
救出したのは1月のことです.そして半年が経った今の様子,株径は一気にひろがり元気いっぱいです.鉢が小さすぎたって?いえいえ,窮屈なくらいで良いのです.来春は素晴らしい一斉開花を期待しましょう.
救出した陽炎③

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

パキポの採種には袋掛けを

 パキポディウムの大きな株はとても高価です.それは,遠くマダガスカルから運ばれて来るから仕方がない?それでもコーデックスブームが値段を押し上げているのは確実です.さらに実生苗の値段までどうかなーってくらいになっています.少し自分で播いてみるかと思い交配をしてみました.順調に莢が育って来ました.莢は双子,Vの字のように発達します.キョウチクトウ科の植物はたいがいこうなります.
ブレビさや
 何度か痛い目に合っているので,袋掛けをしました.網袋をかけるのは得策ではありません.風が吹くと綿毛は網の中に留まりますが,種子は皆落ちてしまいます.幸い果樹用に様々なサイズの袋が売られており,キウイ用がジャストサイズです.水をはじくので,潅水時も気を遣う必要はありません.
袋掛け
袋の中で爆ぜたら収穫.袋の中からそっと取り出してみました.綺麗ですよね.
爆ぜる
タンポポの綿毛と良く似ていますが,更にふわふわ.こりゃすぐ飛んで行く道理です.
綿毛と種

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします

時間のかかる黒王様の栽培

 コピアポアの現地球は高価です.それなりの価値があります,風情がまったく違うのです.でも国内実生株でも,たまにオオッと思うほど素晴らしい出来の株に出会うことがあります.そのようなものを見ると,よし自分もやってみようという気になります.この写真の株は5年前に手にした黒王の接降ろし株です.以前と見比べると確かに大きくなっているのが分かりますが,肌色が向上したのかと言えばビミョウですが,悪い状態でもありません.この数年間の観察で分かったことは,ただ単に水やりを辛めにしても白くはならないってことです.試行錯誤は続きます.
接木黒王様2017
 手にした頃はまだ勢いが余っていて,次々と仔を吹くのでどんどん外してプシスに接木をしました.最近はだいぶ落ち付いたようで,仔を吹くことはなくなりました.下の写真のプシス接ぎの苗は,栽培条件を検討するのに役立てています.これまでいろいろと過酷な環境にも曝したので,厳しい顔つきをしています.ゴメンなさい,でも青リンゴのような黒王に育てるつもりはありません.そんなわけで,今年も厳しい環境に置いて観察しています.
黒王接木小

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR