この赤花菊水はなにものか?

 ボクが子供の頃には赤花菊水なんてものはありませんでした.赤花の菊水が記載されたのは1996年とされるので,ごく新しいものです.そもそも菊水とツルビニカクタス アロンソイとの自然交配種なのかともいわれ足ししています.かつ実際に赤花菊水とアロンソイとが容易に交配出来ると聞くと,今手にしている赤花菊水とはナニモのなのかと,思ってしまいます.ちゃんとFNのついた種子からの赤花菊水を手に入れて比較したいものです.

赤花菊水2015


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

そういえば、Molecular systematics of the Cactaceae (2011)の分岐の図を見ると、ツルビニカルプスの中でもアロンソイだけがストロンボカクタスと近縁とされているようです。菊水は微細種子だそうですが(去年播いたのでうろ覚えですが)アロンソイは種子が普通のサボテン並みのサイズだった気がします。FNのついた赤花菊水の種子の大きさも調べたほうが良いかもです?

No title

おきでんんさん、いつもありがとう。
そうでしたか、興味深い情報ありがとうございました。菊水にアロンソイをかけてできた種子は、小さいと思いますが、その交雑種の種子サイズはどうでしょうね。

うちの赤花菊水は飼い主が悪いのか、成長が遅くて遅くて動きがイマイチわかりません。2株あるので交配してみますが、いつも結果してくれないです。
赤花菊水はみな成長が遅くてモンスト的な肌をしていますが、遠縁交雑の結果なのかもしれませんね。

No title

しまねっこさん、いつもありがとう。
赤花菊水とアロンソイの交配種は、疣にしわがあるとの情報もあり、いよいよあやしいなーと思っていました。

No title

はじめまして。いつも興味深く読ませてもらっています。
昨秋、MZ863のFNのある赤花菊水の種子を入手しました。タネの大きさは菊水同様に微細なもので、発芽後の成長もゆっくりです。
また昨春、興味本位で菊水とアロンソイを交互に掛け合わせました。結果は、菊水には少ないですが種子が出来、アロンソイは結実しませんでした。さらに菊水から採れた種子は不発芽に終わりました。同時期に播いた菊水同士の交配種子はちゃんと発芽し順調に育っているので、播種方法そのものに問題があるとは考えにくいのですが。。。

No title

Noriaさん、ご訪問いただきありがとうございます。
そうですか、赤花菊水の種子は、菊水とおなじでしたか。なるほど菊水とアロンソイは、交配が難しそうですね。
昨年播かれたものはまだ小さいでしょうが、普通の菊水のような顔になるのか、疣にしわのあるものになるのか興味があります。
赤花菊水とアロンソイはかかるときいていますが、どうなのでしょうね。
貴重な情報、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

No title

昨年のリベンジの意味も兼ねて、今年も菊水×アロンソイで種子を採りました。今回は一果から種子が大量に(たぶん千粒近い)採れたので全部播いたところ、わずかに十数粒が発芽。外見は正常ですが発芽率は1%以下です。
昨年の不発芽は100粒しか播かなかったせいのようです。タネ親に赤花菊水を使えば、また違った結果になるかもしれませんね。

赤花菊水MZ863の実生苗は、いまのところ順調です。まだまだ小さいですが。
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR