ボンニアエ今年も咲いたけど

 なんとも欲求不満の咲きっぷりです.昨年初めてこの団扇台の株に花が着いたのですが,良く言われる冬場の乾燥で花を着けるとはどうしても思えませんでした.なので昨年は,30本ほどのプシス接木苗を養成し過酷な試験を実施しました.接木苗を秋から外に置き,薄い不織布1枚かぶせておきました.水は普通に与えました。12月から順次5株ずつ温室へ取り込んで行きました.目論みは低温にぐっと当てないと花を着けないんじゃないか?水なんか関係ないだろう,でした.昨年は温暖な讃岐にも雪が積もり,かわいそうにいくつかのボンちゃんは雪の下で幾日かを過ごしました.どうなるかなーとワクワクしていたのですが,結果は全滅.低温遭遇の程度に関わらず,いずれも花芽を着けませんでした.うーん仕切り直しか!里子放出はもう1年待って,作戦練り直しです.

ボン2014


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

花が少ないとのことですが、それでも
この本体(?)の大きさに対して不釣り合いなほどの立派な花は目を惹きますね
左上に見受けられる蕾で既に本体と同じほどありますし

No title

低温にあてても咲かなかったのですか。
どうりでうちのボンニアエが咲かないはずです。
つい水やってしまいますからね。

作戦練り直しに期待しています。

団扇台に接がれている株が咲くということは、
這団扇なら養分の供給に加え自動的に断水状態になるので
より咲きやすくなるのかもしれないですね?

No title

断水や低温処理をしなかった我が家の株も全く花が咲きませんでした。
今年は接木で増やし色々試してみたいと思います。

No title

最初のコメを頂いた方、誠にありがとうございます。
茎節の数は相当あるのですが、蕾ははたった3つ。どうも納得いかないのです。

おきでんんさん、いつもありがとう。
水も低温も決定的ではなさそうですね。もしかするとageかな、と思ってます。さて、今年はどういじくるか、思案のしどころです。

烏丸さん、いつもありがとう。
プシス台がとても相性が良いようです。面白いほど大きくなります。袖や三陵柱は良くないようです。
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR