渋い渋いディモルファ

 昨年小さな接木株を購入しました.1年間台木の上にいてハンパ無く成長しました.蕾がどんどん上がって来たので,この渋顔にどのような花が咲くのか楽しみに待っていました.なんと妖艶な花を咲かせるのでしょう.明るい太陽のもとで見て良し,曇りの日に見て良し.なかなか通好みのサボちゃんですね.
 先日、直挿し法で接ぎ下ししてやりました.たいていのものは接ぎ下しすると成長は鈍りますが,タイミングさえ間違わなければその後ゆっくりと成長して落ち着いた姿になる様です.「もう少し大きくしてから下ろそう」そのスケベ心が失敗のもと.下しの極意は顔が見えたら早々に下ろす,ではないかと思うこの頃です.

ディモルファ


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんばんは!
メキシコさぼてん旅行お疲れ様でした。
現地の棘モノがは野性味があって素敵ですね!

今回の投稿で気になった箇所があるので質問してもよろしいでしょうか?
接ぎ降ろしの直挿し法とはどんな方法なのでしょうか?
自分も降ろしたいさぼてんがいまして、台を腐らせることなく長生きさせたいと思っています。
やり方を教えていただけませんでしょうか?

No title

サボテン初心者さん、いつもありがとう。
 直挿し法というのは、台木を3~5㎝ぐらいのところで切って、切り口を乾かすことなく培養土にすぐ挿して、たっぷり過ぎるくらい水をやり、あとは少し遮光するだけで普通に栽培するという方法です。これは実生由来の元気な袖ヶ浦および三陵柱が台木の場合にうまくいきます。竜神木では、切り口を乾かさないと危ないです。
 おそらく台木の元気良さがもっと重要のように思います。ボクは実生台木しか使わないようにしてますし、そのような方の接ぎ木苗しか買わないようにしています。

No title

返信ありがとうございます!
うちのは竜神木なのでよく乾かしてからでないとダメそうです><
台木を埋めても腐ってしまったりせず、長生きして欲しいものです。
今後も更新楽しみにしています。
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR