白檀交配の花は不安定

 先に白檀交配の中に花の色が変化するものがあることを記事にしました.同じ株を観察しているとやはり異なるパターンの花を着けました.こうした不安定性はどのように出て来るのか,面白いことです.元はオレンジになるはずものものが,代謝の途中でブロックされて黄色花になると推察されるのですが,このブロックのされ方が完全な突然変異ではなく,トランスポゾンという可動因子によるためと考えられます.この抑制因子が環境により外れたり,外れなかったりするためこのような不安定な花色を生み出すと思われます.
 2枚目は色々な色の白檀交配のプシス接です.プシス台とはたいへん相性も良く胴太に育ちなかなか良さそうです.これなら霜の下りない庭の石垣にでも植え込めば結構楽しめるのではないかと思います.そのうち,そんな庭も造りたいものです.

不安定
白檀交配いろいろ


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR