fc2ブログ

実生苗で見分ける台木の種類

 昔は台木といえば龍神木でした.今は袖ヶ浦系統全盛です.でもどうも色々なものが出回っていて,異なる名前でしばしば取り扱われます.これは困ったことです.写真の一枚目は袖ヶ浦です.小さいうちからしっかりとした刺が見られるのが特徴です.袖ヶ浦はご存知のように自家受粉せず,プシス系の花粉を着けると容易に結実して,たくさん種が採れます.
袖

つぎは三稜柱.全体に白っぽく柔らかい刺が特徴です.これは自家受粉しますので,自ら花粉を着ければこれも容易に結実します.
三稜

最後が新ガ浦という名で扱われているものです.袖ヶ浦に似ていますが,やや華奢な印象です.大きくなると袖ヶ浦に似てきますが,アレオレの綿毛が多くて白く見え,刺も短めです.やはり自家受粉せず,プシスの花粉で容易にタネが採れます.
新が浦

またもう少し特徴が出て来たら比較の写真をアップしたいと思います.


ご訪問の印に下のサボテンをポチっと押して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

こんばんは。

子供のさぼてんでもしっかりと刺が生えているんですね。
うちで芽吹いたゴジラたちは、まだまだ緑色の雫のままです。

ところで、台木の袖ヶ浦を残したまま接ぎ降ろしをすると数年で腐ってしまうという話は本当なのでしょうか?
既に、接いだ面の付近から腐らせてしまったことがあるので、台木付きのものにはなかなか手を出せません。

No title

さぼてん初心者さん、いつもありがとう。

台木の袖ケ浦を少し残した接ぎ下し株が腐るというのは、正しくないと思います。台木が三角柱の場合は、台木を少し残して接ぎ下しすると、数年のうちに台木部分は芯だけを残して茎の肉の部分は腐ってなくなります。でもその時穂木の部分まで必ず腐るのか?というと腐らない場合の方が多いと思います。台木が袖ヶ浦系や竜神木、プシスの場合は、まず心配することはないと思います。

No title

返信ありがとうございます。

ちょうど手元に竜神木に接いだゴジラがあるのでちょうどいいところで切って、台木を埋めてみようと思います。
接いだ面から腐ったらどうしようもないのですが・・・。

ところで、接ぎ降ろしをするときは台木を何cmくらい残すのがいいのでしょうか?
他のサイトでは、5~7cmと書いてあったりしますが。

No title

龍神接ぎの牡丹類ですか、今は接ぎ下しの適期ではないと思います。来年の初夏,龍神木が水を上げて十分膨れている状態で5cm位残して切り,しばらくは切り口を上にして風の通るところにおいて下さい。切り口は数日すると盛り上がってきます.牡丹類は台木を切っても温度があれば成長するので,いつまでも下向きにせずに空の鉢に植えるように上向きにして置き、切ってから2週間もしたら普通の用土に植えて後は普通に水をやっていれば大概発根します.袖ヶ浦の場合は、切ってすぐに普通の用土に植えても大丈夫です。

No title

ありがとうございます。
来年の梅雨が明けた頃に切って植えこんでみます。

冬の乾燥している頃に切って、切り口を2~3カ月は乾燥させて根が出始めるのを待ってからにしようと思ってましたが、やはり暖かい時期が良いみたいですね。
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR