真夏のさぼちゃんはアッチッチ

 猛暑です.さぼちゃんたちも相当暑かろうな,と思うのです.さぼちゃんの体は一体どれくらいの温度なのでしょうか.ずいぶん前に載せた放射温度計というおもちゃで計ってみました.写真のメロ君50%遮熱遮光資材の下で陽射しがある正午過ぎ体温は52.4℃,ちょっと陽が陰ると43.3℃に.如何に太陽の日射が表面温度に影響するかが解ります.この時黒鉢の表面は44℃でした.少し薄い雲がかかり始めたハウス内の様々なさぼちゃんの表面温度はどれも41〜42℃で,水銀温度計とほぼ平衡状態です.おおっと思ったのは培養土です.濡れている土の表面は34.2℃,乾いた土の表面は42℃.水の蒸発は意外に温度を下げています.さらにビックリは同じハウス内のヒマワリの葉,どれを計っても26〜27℃です.蒸散の威力はすごい!昼間気孔を閉じて蒸散しないさぼちゃんの表面はアッチッチです.

表面温度


ご訪問の印に下のサボテンをポチっと押して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

注意して遮光しないとすぐに煮えてしまえそうですね。
まだまだ技能がないので十分に対策を取りたいです。

No title

さぼてん初心者さん、いつもご訪問ありがとうございます。

遮光も温度を下げるのに有効ですが、風も大切のようです。風があると日焼けしにくいようです。

とは言え、どーしてここで日焼けするかなーって奴も出てくるので、一概に言えませんね。栽培環境を整えるのは、難しいです。

No title

返信ありがとうございます。

幸いにも、今のところ日焼けしてしまったサボテンは無いのですが、
アガベ牡丹の葉が少しずつ枯れてきました。
これも日焼けや風の影響があるのでしょうか?

No title

アガベ牡丹の外側の葉先はどうしても枯れこんでくるものです。水が十分上がっていればあまり心配ないのでは、と思います。

No title

アドバイスありがとうございます。

水やりの頻度を調節してみようと思います。

No title

熱いだろうとは思っていましたが、これほどとは。
実際に計ってみると面白いですね。

アガベ牡丹、私も葉先がだんだん枯れこんでしまいます。
綺麗に作ってる人のを見るとすごいと思いますが、難しいです。

No title

さくさん、いつもありがとう。

そうですよね、ウチのアガベ牡丹君も外側から葉先が茶色くなります。困ったものですね。
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR