黄色のカルメナエ

 カルメナエにも色々な系統があり,これは黄刺系統です.光に反射した柔らかなクリーム色が綺麗です.この種の特徴はなんといっても刺の様子.アレオレから放射状に伸び出した刺が隣の刺の束と綺麗な境界線を作り出し,それぞれが中なら湧き出しているような錯覚に陥ります.先にも書きましたが,マミラリアは覗き込むさぼちゃんだと改めて思いました.冬の陽射しの中で,何度でも手に取って眺めてしまうのです.

黄色カルメナエ


ご訪問の印に下のサボテンをポチっと押して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

記載はあれど現物なし、という幻のサボテンだった頃、メキシコの山で再発見するまでの苦労を書いたラウさんの「カルメナエを追って」という一文がありました。このまえ、この大稀少種が、ホムセンに売られているのをみてビックリ。そこまで普及するほど、魅力的なサボテンだ、ということですね。

No title

Shabomamiacさん、いつもありがとう。

そうなんですか!子供の頃は見たことなかったなあと思ってましたが、そりゃそうですよね。

ホムセンで売られているってのは、日本のサボテン園芸というか、春日井の実生力というか、たいした底力ということでしょうか。
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR