紅葉ヘキランのいろいろ

 一枚目の写真は,ご覧の通りフツーのヘキランです.でもこいつが昨年5月花を咲かせたときの様子はこんなでした.先日載せた亀甲タイプの紅葉ヘキランのように冬場に色が出るのではなく,昨年は春から色付き始めたのです.さて今年はどうでしょうか?

ヘキランb

 下の写真は別の株の今の様子.余り綺麗では在りませんが,一応今の季節に紅葉しています.斑が出たり抜けたり,つまり表皮下の細胞中の葉緑体が分解されたり生成されたり,これはダイダイやブンタンなど樹上に長く着いているカンキツ類の回青現象と同じではないでしょうか.クロロフィルの生成分解の仕組みは案外分かっていません.どんな仕組みが働いているのかな?思いを巡らせながら,紅葉ランポーくん達を眺めています.

ヘキランa


ご訪問の印に下のサボテンをポチっと押して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

さぼちゃんだいすきさん、こんにちは。

うちに一つある紅葉碧鸞も一枚目のものとほぼ同じ姿です。
やって来た年の春には綺麗な柿色に紅葉してたのですが、去年はその片鱗も見せず緑のままでした。
鉢内温度10℃に設定した加温フレームに置いたのが拙かったかと、今年は同5℃設定のフレームで越冬ですがあまり変わり映えしませんね(w)。

ギリギリ危ない寒さに遭わせないとダメなんでしょうか? そうだとすると碧鸞にとっては命がけとなって可愛そうにも思いますし……。

No title

アイハルさん、いつもありがとう。
本当に不思議ですよね、どうして株によって出方が変わるのか,季節によって変わるのか--.季節で変化するのは楽しいのですが,大きくなってただの青物になるのは悲しいですね.
たぶん同じ仕組みで生まれるであろうチョコ系はどうなるのかナーー,興味は尽きませんが,自分でたくさん実生をつくるのは気が進みません.
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR