バンコクのサボテン屋さん3

 もうひとつDeawさんのサボテンの話.彼のナーセリーでは,兜,ランポー類,牡丹類,斑入りものなどが充実していますが,ほとんどマミラリアはありません.ギムノも少量です.接ぎ木の台木は袖ヶ浦,三稜柱,三角柱などがありますが,これらは接ぎ木苗を日本から導入したためのようです.ご自身で接ぎ木はされるとおっしゃっていましたが,数は多くないようでした.またたくさんの牡丹類があるのですが,おや?と思いました.そう,今は11月,いったいいつ咲くのだろうか?早速尋ねるとバンコクでは牡丹類はなかなか咲かないのだそうです.チェンマイでは問題はないとのことで,要は冬季の気温の低下が開花に必要のようです.一度バンコクでも15℃まで夜温が低下した「大寒波」があった年は,一斉に牡丹類が開花したそうです.なるほどそうだったのか,もしかしたらマミラリアがないのも開花しないからじゃないかな,このことに後で気が付きましたので,聞き漏らしました.

deaw3


ご訪問の印に下のサボテンをポチっと押して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

>冬季の気温の低下が開花に必要のようです

そう考えると、日本という国はサボ栽培に適した環境にあるんですね。
あらためて、何とか工夫しながら、サボたちを越冬させてやろうという気持ちになります。
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR