fc2ブログ

大豪の白

 プシスの白花なんて誰も見向きもしないのかもしれません.しかし,朝まだ陽が差し込まないハウスに入り,この花を眺めるとその良さが分かります.これは大豪丸錦の花,何かを語りかけるかのようにこちらを向いているように見えます.仄かな香りを楽しんでから写真を撮りました.
大豪①2024
 下の写真の株は,Echinopsis subdenuda L943です.だんだんと大きくなり,たくさん花をつける様になりました.短毛丸や花盛丸系のものは相当な大株になり,ものすごい数の花をつけるものがあります.大豪丸はどうなんでしょうね,どこまで大きくなるのか知りません.
大豪②2024.
 普通大豪丸を実生すると最初は刺が出てきますが,ある程度になるとほとんど刺がなくなります.最初これは日本で流通している大豪丸が他のプシスと交配されたためにその様になるのかと思っていました.しかし上記のFNのついたサブデヌーダの仔株を見ると小さい時はしっかり刺がありますが,成長に従い,刺は無くなってゆきました.
大豪③2024
 成長に従って刺がだんだん貧弱になるのはサボテンに限らず色々な植物で見られます.野ネズミは野うさぎに齧られなくなる,正確には齧られても死ななくなる程度になれば,刺の武装は不要なのでしょう.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR