fc2ブログ

写真で表現の難しい花

 昔のことですが,友人の一人がカメラは嫌いだというのです.どうしてかと聞くと,見た通りに写らないからと言うのです.ヒトの目はよく出来た露出調整や輝度調整機能を持っています.いえ,より正しくは「脳は」というべきでしょう.ですから見た(と思った)通りには写真には写りません.その後カメラは大変な進歩を遂げ,自動焦点はもとより,特に人物に対してはより美しく写るように様々な機能が搭載されるようになりました.スマホなどは見た目よりずっと「綺麗」に写ります.それもなお写真で表現するのが難しい花があります.一般的には薄い黄色はカメラが苦手としているように思えますし,グラデーションも苦手のようです.このミリアカンサ(M. myriacantha)の写真は何度撮っても,その後にPC上で補正してもなお,見た目の魅力を伝えることができません.1枚目の写真は日中にハウスの中で,自分の体を使って影を作って撮ったものです.どうしても白っぽく写ります.露出調整でなんとかオレンジ色を再現出来ますが,色合いのディテールは失われたかのようです.
ミリアカンサ①2024
 次の写真は,その翌朝,まだ日が差し込んでいないハウスの中で撮った写真です.これも少し露出調整をしていますが,ピンクらかオレンジ色のグラデーションが見て取れます.でもうーんこんなだったかなーと首を傾げてしまいます.
ミリアカンサ②2024
 あのハッとするような美しさをその瞬間のまま撮りたい,誰しもがそう思うのですが,カメラの何をどう弄れば良いのかボクは十分分かっていません.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR