fc2ブログ

マミラリア協会誌2024Feb号

 新しいマミラリア協会誌が届きました.この表紙の地味な金平糖マミは,M.nacoriensisM.standleyのシノニムです.花も咲いていないこんな地味なサボテンを堂々と表紙にするのは流石にマミラリア狂の雑誌です.今回の記事は,クルシゲラの解説,旅行記が2本,エスコバリアの解説,その他でした.
マミ協会誌Feb①2024
 中でもこのエスコバリアの解説記事が気に入りました.16種について解説していますが,内15種については写真もあり,納得の説明です.以前にボクが持っているルニオニーやベラがE.emskoetterianaになっていることを書きましたが,この種はUSAテキサス州およびメキシコのコアウイラ,タマウリパス,ヌエボレオンの3州に生息しており,それだけ種内変異の幅が広く,色々なシノニムができたようです.この記事を見ながら,知らぬ間にウチにはエスコバリアがかなり揃っているんだなと気づきました.
マミ協会誌Feb②2024
 マミラリア類に特化した雑誌ですから,毎回色々な人が持っているマミラリアの写真を見ることができます.そうするとその種が大体どんな変異を持っているのか,同時にこういう範囲のものを一つの学名のもとに理解しているのかが分かって来ます.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR