fc2ブログ

色々なレッツーサス

 Ariocarpus retususは,メキシコ北西部に広く分布しており,様々なタイプがあります.それぞれに対応して色々な和名がつけられて来ましたが,今は全てレッツーサスに統合されています.この春の記事で周辺の葉が黄色く焼けた凄みのある亀甲牡丹の写真を載せましたが,このレッツーサスも同じです.中身がなくなり表面のクチクラだけが残って黄色く縁取られた姿は荒々しくそれはそれで素敵です.
レッツーサ①メヒコ2023
 イボの表面ゴツゴツが目立つタイプもあり,
レッツーサ②メヒコ
 また青磁牡丹と呼ばれるイボ表面が青味がかった縞模様になるタイプもありました.
レッツーサ④メヒコ2023
 さらにはちょっと日陰になるところに生えているものは,青味が強くふっくらしています.
レッツーサ③メヒコ2023
 昔大量に日本に入って来た頃,様々なタイプを目にした先人たちは,それらに名前を与えて区別しました.それが元になって同じタイプが交配され,磨きがかかって今の日本の牡丹類があります.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR