fc2ブログ

秋の大鳳を眺める

 夜の温度が下がり昼間の温度がまだ高いこの時期,有星類が結構咲いて来ます.しばしば秋の一斉開花とも言える状態になります.瑞鳳系も次々と咲くので,ハウスへ見に行くのが楽しみです.大鳳玉の蕾がロシア正教会の塔のような形に膨らんでいました.これが咲きそうでなかなか開きません.
大鳳蕾2023
 結局翌日の午後少し遅い時間にようやく開花しました.以前にも書きましたが,大鳳の花は明確な底赤もものとこの写真のような薄いオレンジにしか色付かないものがあります.春の花では結構交配をするのですが,秋は余程の物以外は交配せず,彼らの素敵な花をいく日か眺めて楽しみます.
大鳳花2023.
 ウチには数株の大鳳がいるのですが,瑞鳳系の斑入り株はありませんでした.地元のカクタスクラブの方から歩入り大鳳の実生苗を一鉢いただきましたので,斑柄の良さそうなものを幾本か接木してみました.いい感じの斑入りになっていますが,どうしても刺が弱いですね.
大鳳錦接木2023
 斑入り株の刺がか細くなるのは,ほとんどの種で認められる現象です.光合成が十分出来ないから刺が弱くなると説明されていますが,接ぎ木をしてもやはり刺が弱いことから,これは斑入りに由来する別の要因がありそうです.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR