fc2ブログ

メヒコ3rd その49  マミ アンソロジー

 これまで色々なマミを取り上げて来ましたが,それ以外にも外せない面々も居ました.まずはラシアカンサ(M.lasiacantha).ラシアカンサは分布域が広く幾つかの亜種が知られており,和名もいくつあって混乱しているとも言える種です.実はボクはこのラシアカンサが大好きなのですが,相性が良くなく,大きな株を作っては昇天させ作っては溶かしています.ですから,どんなふうに生きているのかとても興味があったのです.でもいたって普通に生えていました.
メヒコ3rd49-①
 株の下に幾つかの子株が見られますが,こぼれ種子で生えて来たのでしょうか.
メヒコ3rd49-②
 そしてレンタ(M.lenta).このレンタは,街のすぐ近くではありますが,どうにも取り付きにくい崖をトラバースしてようやく写真を撮ったものです.小さな株ではありますが,確かにレンタでした.
メヒコ3rd49-③
 次はポトシ(M.pottsii). 小型のマミラリアで何箇所かで見かけましたが,中刺が立っているのが特徴のようでした.この種は大和錦という和名を頂いていますが,うちにいる大和錦はもっと小型で雰囲気が違います.
メヒコ3rd49-⑥
  最後はキャンディダ(M.candida)です.園芸的に色々なタイプのキャンディダがいることは以前に記事にしました.でもこれまでの3回のメキシコ訪問で結構な数のキャンディダを見ましたが,それほどバリエーションがあるように思えませんでした.
メヒコ3rd49−⑤
メヒコ3rd49-④
 実は今回見たマミラリアのいくつかは同定不能でしたので載せていません.マミラリアは外観が似ているものが多く,種内変異もあって,俄にはこれだ!と断定でききないものが多いのです.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR