fc2ブログ

メヒコ3rd その41 白ランポーを眺める

 白ランポー(Astrophytum coahuilense),これも是非見てみたかったサボテンの一つです.子供の頃から憧れのサボテンでした.何しろパッと見はいわゆるランポーと同じなのですが,その白点は毛足が長く,その上花は綺麗な底赤の花です.
 開けた草むらに彼らは居ました.そのどっしりとした姿にしばし見惚れました.株の下側は幾重にも折り畳まれたようになっており,相当な年月を生きた古株であることがわかります.
メヒコ3rd41-①
 彼らの白点の質感はまさに白ランポーです.この毛足の長さが,照りつける強烈な太陽から身を守っているのでしょう.
メヒコ3rd41-②
 中には増稜しているものもありました.しかし必ずしもサイズや株齢で決まっている様でもありません.これは特に白く美しい個体ですね.
メヒコ3rd41-③
 中には齧られているものもありました.兎でしょうか,ロバでしょうか.栽培品の話では有りますが,同じサイズなら白ランポーの方が普通のランポーより随分と重いのです.組織が緻密なんだろうなと思います.齧ってみたところで固かったのではないでしょうか.
メヒコ3rd41-④
 この白ランポーをいわゆるランポー(A .myriostiguma)に含めてしまうという見解もあります.でもランポーとは単に花が違うだけではなく,種子の大きさ,果実の破裂の仕方,アストロの他種との交雑可能範囲など明らかに異なり,別種と考えるのが適当だと思います.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチ
っと押して応援して下さい、よろしくお願いします.

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR