fc2ブログ

メヒコ3rd その13 兜との出会い

 兜の故郷はぜひ見てみたいと思っていました.何しろ個体数が激減し,絶滅が危惧されると言われると気が気でなかったのです.居ました,居ました.小石混じりの平たいところ.細かい泥のような土で,雨が降れば相当長い間湿っていそうです.
メヒコ3rd13-①
 多くは7cmぐらいのサイズで,そんなにびっくりするような大きなものは見当たりませんでした.顔つきは地味です.中学生の頃,大阪の柏原にあった黒田芳名園から兜の輸入球を買ったのですが,確かにこんな顔をしていました.
メヒコ3rd13-②
 彼らの生き様を描写するには,カメラ位置を地面近くに持って行く必要があります.要は地面とほぼ同レベルに顔を出しているのです.昨日三角牡丹が齧られることを書きましたが,これならなかなか齧りにくそうです.刺で武装しない彼らは潜って難を逃れているようです.
メヒコ3rd13-③
メヒコ3rd13-④
 小さな株も居ました.ちゃんと世代交代もしているようです.
メヒコ3rd13-⑥
 三角牡丹と同居です.偶然とはいえ,うまく隣に生えたものです.
メヒコ3rd13-⑤
 周りには綾波なんかも居ました.
メヒコ3rd13-⑦
 以前に兜はもしかすると言われている以上に生存しているかもしれないという情報を記事にしました.確かに何処にでもいるわけでは無いようですが,いる所には居て,世代交代もできているように見えました.少しホッとすると共に,彼らがずっとメキシコの地で生きていて欲しいものだと思いました.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

野生の兜いいですね!
野生兜の写真、携帯の待ち受けにしてもいいですか?

No title

金鯱様
コメありがとうございます。
待ち受けにして頂いて構いません。

No title

惚れ惚れしますね
こちらはメキシコのどのあたりでの写真ですか?
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR