fc2ブログ

月兎耳の花

 今年は卯年,なので日頃はあまり見ることもない月兎耳を眺めてみました.月兎耳の学名は,Kalanchoe tomentosa,種小名のトメントーサは「フェルト状の」という意味で,葉の触感から来ています.
月兎耳2023
年明け早々から抽台してきて3月も終わりになってようやく開花しました.この間花序の先端は葉を形成し続けました.
月兎耳花茎2023
 花茎のそれぞれの腋芽から出たシュートは各葉腋に花を形成しつつ,数個の花をつけると成長点が消滅するようです.
兎耳花序腋芽2023
 ベンケイソウ科は基本数5が多いのですが3〜32と変化に富み,カランコエ属では基本数4です.ですから下の写真のように萼片は4つ,袋状になった花弁の先が4つに分かれ,中には8本の雄しべと先が4つに分かれた雌しべがあります.以前に紹介した唐印と同じですね.
月兎耳花拡大2023
 地味な花で観賞価値はありませんが,日頃注目しない月兎耳の花をじっくり見てみるのも悪くありません.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR