fc2ブログ

ザラゴザエたち

 2月下旬の陽射しに反応して,ザラゴザエ(Gymnocactus subterraneus var. zaragozae)が花をあげて来ました.いかにも旧ギムノカクタスらしいガラス状の白刺が美しい種です.
ザラゴ①2023
 花はピンクの花もよし,アンバーな花色もよしです.実際にはかなりのバリエーションがあるようで,かなり橙色に近い花色個体がweb上では見られます.今手元にある3株からどれくらいのバリエーションが引き出せるか知りたいので相互交配しておきました.
ザラゴ②2023
ザラゴ④2023
 このザラゴサエはツルビニ属に統合され,Turbinicarpus zaragozaeとなっていましたが,近年の分子生物学的研究により系統関係がより明らかとなり,たとえば下の図に示したVázquez-Sánchez, Mら(2019)の結果のように,Rapicactusという括りにした方が良いとされています.
ザラゴ③2023
 分子生物学的手法による分類の再構築には目を見張るものがある一方,それに振り回される実務者はちょっと辟易している感があります.モノの名前は外界を理解する際の共通認識を保つツールです.簡単に変わってしまわないように死語であるラテン語で表記する決まりになっています.これがどんどん再編成される時代に遭遇し,利用者は困惑しています.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR