fc2ブログ

三稜を守りながら柱になった三角恩塚

 2010年30数年ぶりにサボテンに復帰した時,お馴染みのランポー玉に恩塚なるものが居ることに大変驚きました.この株は10年前にまん丸な恩塚ランポーとして紹介したものです.当時は小さな株でした.今はすっかり柱サボテンです.
三稜恩塚柱2022
 円形は大変安定した構造ですが,その形を維持するためには三稜は最低の稜数で決して安定してはいません.その後もこの株は三稜を守って5年前に身割れしたことを報告しました.株の肥大による内部からの圧力を既にまん丸な三稜では力を逃すところがなく,胴体の表面が堪えきれず縦に割れるのです.その割れ目は左右に引っ張られ,今はこのような形になっています.
三稜恩塚身割れの跡2022
 真上から見ると今なおまん丸です.綺麗に三稜を守っていることがわかります.
三稜丸の花2022
 多くのランポー玉は成長に伴い増稜して最終的には8稜になります.しかし,以前に別の記事で書いたように三角ランポーは3稜を強く守ろうとする傾向があります.これは本来5稜であるところを減らす,つまり減稜の形質を選抜してきたわけで,三角ランポー同士を交配した実生からは,下の写真のように4稜からわざわざ稜を減らして3稜になろうとするものが観察されます.面白いことですね.
減陵系①2022
 こうした減稜系の形質は大変興味深いもので,増稜と減稜を不規則に繰り返す面白い形態を示すランポーが時折見られますが,固定はされていないようです.最近は敢えて三稜のランポーをその他色々なランポーとの交配に使い,減稜系の形質の発現を見ています.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR