fc2ブログ

夏の青王丸兄弟

 猛暑の中で,ノトカクタスの原種が開花しています.今年の春,友人からノトカクタスの原種をたくさん分けて貰ったのですが、その中の一つで,これはNotocactus arechavaletae WRA 166です.
ノトアレカの花2022
 本種は,Wigginsia arechavaletaeともされますが,Parodia ottonisとする見解もあるようです.確かに青王丸(P.ottonisの1タイプ)に似ていますよね.オットニスは大変変化に富む種で,佐藤さんの本でもこのアレカバレンタエだけで5つの変種を載せています.オットニスに至っては20あまりの変種・タイプが紹介されています.外見がただ似ているというだけではなくそれが連続変化するので,区別は難しいのです.話を更にややこしくするのは,最近の分子生物学的調査,わかりやすく言えばDNAの塩基配列の相違から見た研究の進展は,一旦全部パロディアだとされた中からWigginsia属などを復活させる見解もあることです.当然,研究が進めばこんなことも十分ありうるのですが,正確を期そうとすると困ってしまいます.この点フイールドナンバーは,学名はともかく,ここに生えている植物という認識なので,番号さえ間違わなければ,一番確実な個別認識の方法と言えます.
ノトアレカ2022
 何はともあれ,このWRA 166の故郷は,ブラジル リオグランデ・ド・スル州のサンターナ·ド·リブラメント.ウルグアイとの国境の街,ここはブドウの産地ですね.平均気温18℃,年間降水量1400mmという温暖なところです.ここ讃岐は,平均気温16.3℃,降水量1082mmですから,ここより雨が多いところ.平均気温は鹿児島あたりに相当します.
 そして次は,Notocactus glaucinus LB590.これまた青王丸にとても似ています.現在はParodia oxycostataに分類されるようなのですが,オットニスとオキシコスタータは分布も重なっています.
ノトLB5902022
 とにかくノトカクタスは似たものが多い,さぞ分類は大変でしょうね.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR