fc2ブログ

どっしりした花

 これは昨年プシスの原種シリーズの13で紹介したEchinopsis leucantha HUN409です.故郷はアルゼンチン 中央西部サン・ファン州どちらかと言えばチリのサンチャゴに近い盆地のようなところで,標高1075mとされています.長い刺が魅力のサボテンですが,花にも存在感があります.
レウカンサHUN4092022
 このどっしりした花の印象はどこから来るのでしょうか.花弁の形と展開の様子にはさほど特徴はありません.
レウカンサHUN409②2022
 何といっても葯の束とも言える重厚な重なりがこの花の存在感を出しているようです.打ち上げ花火のように散在する葯の空間配置をとる種とは対照的にびっしりと並び花筒の奥へと誘うその姿は何か生命の強い意図を感じてしまいます.
レウカンサHUN409③2022
 先日紹介したShabomamiac!さんの本で,これがアカントカリキウム属(Acanthocalycium)となっていてびっくりしました.根拠となるオリジナルの論文には辿り着けませんでしたが,イギリスのサボテンの分類研究グループの報告のようです.でも正直うーんアカントカリキウムか〜と思ってしまいます.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR