fc2ブログ

渋い怪竜丸は今なお素敵

 怪竜丸は昔から知られており,ボクも子供の時から馴染みのサボテンでした.趣味暦の長い人は最初に出会った怪竜丸の印象が強いのでしょうか,その真贋の議論は尽きることがありません.歴史的に見ると同じ学名のもとに色々なタイプが入って来たようなのですから仕方がありませんね.さらにボクは怪竜丸にはGymnocalycium bodenbenderianumが対応するものと思っていたら,今はG.basiatrumだというのですから,うーんと思ってしまいます.タイプは色々あるのですが,ボクのイメージに合うのは下の写真のようなタイプです.それとて幾つか並べれば個性があります.
怪竜丸2022
 この肌の質感と刺がなんとも言えない渋さを醸し出しています.
怪竜丸no2022
 この渋い肌に斑が入ると大変綺麗です.ご多聞に漏れず良い斑の出る確率は高くなく,今も昔も良いものはかなり高価です.とても自分で選抜する気にはなれず,交配もしていません.
怪竜斑入り2022
 今ギムノは下火ですが,良いものは良いなと思っています.渋い怪竜丸は今なお素敵です.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR