fc2ブログ

太平たちの種蒔き開始

 今年も太平達から種蒔きを始めます.約50系統の太平の種子を昨シーズン採種しました.一鞘の種子は数個〜100個超で,概して大株に着く実には数多くの種子が入るのですが,どういう訳か極端に種子数の少ない交配組み合わせもあります.それぞれの種子を半分に分け,今回(1月)とGW頃の2回に分けて蒔きます.今蒔くと春の袖接ぎに,GWに蒔くと初夏のキリン接ぎにちょうどフィットします.袖の場合は発芽後少し成長して最初の刺がちょこっと見えたくらいの大きさの芽生えが,キリンの場合は発芽間もなくぷっくりと丸くなったぐらいが適期です.
 いつものように硫酸で15分間処理してよく水洗い,25穴トレーに草花の種まき用土を半分ぐらい入れ,そこへは種,最後に細かい砂利を一層敷いて完了です.この硫酸処理の有効性を報告して以来,幾人かの方が実施していただいているようですが,硫酸を入れ過ぎているような画像を拝見します.30粒ぐらい処理するのに0.3〜0.5mlぐらいで十分です.
太平は種開始2022
 昨年1月に蒔いた太平達の今の様子,50系統を2回に分けては種したので全く生えなかったのは3系統でした.現在大きなものは 16-17mmぐらいまで育っています.
太平実生1月2022
 各系統は3つずつキリンに乗せました.半年経った今5-6cmになっており,だいぶ顔が見えて来ています.もう一年養成したら,来年春にカットして個鉢に上げます.
太平実生onきりん2022
 こんなことを繰り返していると早晩数が増えすぎて破綻しそうなので,今年の交配はもうちょっとデータに基づき,グッと絞りたいなあ.でも人間って奴はバカだから,つい交配しちゃうんだよね.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい,よろしくお願いします
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

ご教授頂けないでしょうか。

いつも楽しく拝見しております。太平類の酸処理を去年から実施してますが、発芽率が芳しくなく悩んでおります。

太平類の播種についてですが30粒に硫酸0.3~0.5ml程とありましたが、どの様に処理しておられるのでしょうか?
その液量ですと種子を浸漬するというより、種子に少量かけ、一定時間置くというイメージでしょうか?
また、硫酸を除去するやり方はすすぎ洗い、その直後に種子をそのまま播種で良いのでしょうか?
もし宜しければご教授頂けますと嬉しいです。

No title

さぼ熊さん,コメありがとうございます。
実際の処理方法ですが,ガラス容器の底に種子を入れ,硫酸を数滴垂らし、金属棒でかき混ぜ良く馴染ませます.5分毎にさらにかき混ぜます.15分後に細いガラスピペットで硫酸を出来るだけ取り除きます.その上で,比較的多くの水を一気に注ぎます.これで発熱を最小限にします.その後水を数回取り換えて、は種します.
もしかすると硫酸を取り除かず水を足していませんか?そうするとその時点で種は煮えてしまいます。出来るだけ硫酸を吸い取り、水は一度にドッと入れて温度を上げない事がポイントです.

ご教授ありがとうございます。

さぼちゃん大好き様
貴重な情報をありがとうございました。

ご指摘の様に、昨年度は処理後に酸を取り除かずにそのまま水で濯ぎに入っていました。
その時点で煮えていたのですね。残念なことをしました。
今年からはご教授頂いた方法でチャレンジしてみようと思います。太平類の高発芽率を目指して頑張ります。

では、今後ともよろしくお願いいたします。




プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR