fc2ブログ

ゲジゲジ刺の合間からかわいい花

 白斜子(Mammillaria pectinifera)はいつも今頃開花してきます.今はマミラリア属なのですが,その昔はソリシア属とされ,1属1種の珍しい植物として扱われていました.虫のような独特の刺の合間から蕾がのぞくと,ああ今年もちゃんと咲くんだねと嬉しくなります.
斜子②2022
 小型のマミラリアなので,ガタイがある程度大きさなるとどうやら株の下方が縮んで行くようで,それほど大きさは変わりません.基部から分枝も出しますがそれ程盛んに出るわけではなく群生株と言える程のものには自然ではなかなか成らないようです.接木をしてカットすると話はまた別かと思いますが.
白斜子古株2022
 去年の記事で書きましたようにタイの友人が,種子が欲しいというので交配しましたが,種子生産力はあまり高くなく,ご希望に添えるほど供給出来ませんでした.こちらでもちょこっとだけ蒔いて見ましたが,発芽には問題は無さそうでした.なので,今年はせっせと交配しています.今はまだ小さいのですが,pectineferaらしい刺を出しています.
白斜子実生2022
 さてこんな地味なサボテンに関して興味深い研究がなされています.種子が出来てから数年をかけて徐々に種子が放出されてゆく性質を持っているようですが,その放出の割合はその年の降雨量によって左右されるというものです.
白斜子論文①2022
白斜子論文②2022
 ヒト様の管理下に置かれた白斜子では,せっせとヒトが穿り出してくれるので,彼らも雨を待つ必要はありません.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい,よろしくお願いします
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR