fc2ブログ

ガーデンライフを読むその6

 今回は1983年9月号,サボテン牡丹類の特集です.
GL牡丹類①2022
 この時はまだゴジラも出現しておらず,怒涛やカリフラワーも未発達.それでも大疣化は追求されていたようです.何よりまだ豊富に輸入球が入ってきていたので,それらの顔違いを楽しむという贅沢な時代でした.写真で見ても岩牡丹系が主流ですね.
GL牡丹類②2022
GL牡丹類③2022
 掲載された記事は,「牡丹類の魅力」(金子春男),「アンケート 私の理想の牡丹像」,「牡丹類の故郷探訪行」(竹尾雅臣),「牡丹類の上手な栽培法」(村主康寿)の4本です.アンケートでは9人の方が答えていますが,全員が大疣が良いと横並びの回答です.何処かに書かれていましたが,現在でも牡丹類マニアの方のハウスを訪問すると決まって大きな疣を自慢されるということです.どうしてこんなことになったのでしょうね.
 自生地で採取された竹尾さんの記事では,メキシコ中北部を広く回られたことが窺えます.記事の終わりに,牡丹類が好きで現地をどうしても見たいといっても,最低1,2ヶ月の休暇と100万円以上の経費を厭わない人でないと現地の全体が掴めないと書かれています.今でもサボテン界に時折見られる「俺だけが知っている」症候群が顔を出しているように思えます.
GL牡丹類④2022
 この時代から約40年が経っているわけですが,牡丹類は本当に豊かになったでしょうか.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい,よろしくお願いします
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR