fc2ブログ

ユーベルの接降ろし 

 今年の8月にこのユーメベルマニア ペクチニフェラ錦を記事にしたのですが、その中でそろそろ降ろさなければと書きました.来春にするかどうか迷ったのですが,思い切って秋の時期に降ろすことにしました.
ユーベル錦降ろし2021
 竜神木接ぎでしたので,下の写真の様に切口は少しだけ乾かし,以前に黒王丸で報告したようにしばらく新聞紙に包んで空の鉢に乗せておき,その後普通用土に挿しました.
ユーベル錦降ろし切口2021
 気温が下がって行く時期なので,少し時間がかかりましたが,無事発根しました.
ユーベル接降ろし発根2021
 サボテン類では挿し木が当たり前の繁殖法なのですが,どこから根が出るのかについて不正確な情報があるように思いました.根の大元である根原基は,根の中心柱を取り巻く,内鞘が分裂して形成されますから,切り口のカルス形成と発根は直接関係のないものです.下の写真を見ての通り,髄の周りからは根が出始めています.
ユーベル接降ろし発根②2021
 台木の発根でもう1つ考慮すべきことは、幼若性と発根の関係です.種子から生まれたばかりの植物(その組織)は、齢(生理齢,時間齢共に)が若く,大きく成長するに従い齢をとると考えられています.一般に大きくなったら植物では枝先の組織は時間齢が若いのですが,生理齢は高く,株の根元から出る所謂「ひこばえ」は,時間齢は枝先と変わりませんが.生理齢が若いと考えられ、発根率が高いことが知られています.分枝を切ってそこから出た分枝をまた切って台木を作るってことを繰り返すと生理齢の高いものとなり,発根が不良となる可能性が高くなると思います.
 無事発根したので植え替えてやった斑入りのユーベルくん.晩秋の日差しを気持ちよさそうに受けています.
ユーベル接降ろし鉢植2021
 龍神は一度発根すればその後は手間いらず,台が腐ることもなく永久台木になりやすい優れものです.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR