fc2ブログ

キリンと袖,台木の開花促進力の差

 昨年初夏に袖に接木した太平丸たちが,今年の夏頃から順次開花を始めています.昨年は試しにと思い,同じ実生バットから袖に接いだもの,キリンに接いだものを作りました.時期的には袖が先で,その後キリンとなったので,若干の時間差はあります.それなので成長差は少しあるかもしれません.しかし夏以降ずっと観察していると袖台の太平たちは,早晩あれど4,5cmぐらいのサイズで順次花をつけました.
太平袖台平均的2021
 中には下の写真のように500円玉ぐらいでも蕾を上げてきます.
太平袖台小さい2021
 一方で、キリン台の方は全部で30本ほどあるのですが,この夏いっさい花を着けませんでした.来春はどうでしょうか,どうでしょうって,咲いてくれないと困るんだけどなあ.
太平キリン台2021
 もちろんのことキリン台で育成したものが全て咲きにくい訳ではありません.元々サイズが小さくても咲く兜やバラ丸などは何の問題もありません.キリンウチワ自体がとても花を咲かせにくい種なのですが,このことが関係しているでしょうか.穂木の初期成長促進という点では,キリンは他の台木の追随を許しませんが,こと早期開花という点では,袖が優れています.さらにそういう視点で考えると,花袖は袖ヶ浦よりずっと四季咲き性が強くガタイの小さいものでも花を着けますが,評価はまだ定まっていません.今度試してみたいと思います.
 
面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR