fc2ブログ

目賀田守種の博士論文

 友人から目賀田論文って知ってますか?と聞かれました.とある方が何かにつけ目賀田論文では云々というので,気になっているとのこと.アストロフィツムの交配に関する文脈で語られていたとのことなので,おそらく彼の学位論文のことだろうと思いました.目賀田守種については以前にちょっと記事にした後,色々と調べていました.目賀田守種は京都大学農学部の在学中にいくつか論文を発表しています.しかし第二次世界大戦で召集され戦死していますので,それほど多くの情報が残っているわけではありません.ボクの父も同世代で京都大学在学中に学徒出陣しており,こんな大変な時代にサボテンを研究していた日本人がいたことに大変感銘を受けました.
 さて当該の論文がこれです.京都大学農学部紀要に1944年に発表されています.論文は,細胞遺伝学と分類学の二部構成になっています.細胞遺伝学のパートの構成は,交配実験,配偶子の稔性,自家不和合性からなっており,分類の項では,基本5種を上げ,黄色花種と底赤種をそれぞれAustraastrophytumとSeptentriastrophytumの2つの節に分けて記載しています.
目賀田論文①2021
 下の写真でご覧の通り,80年近く前,しかも戦争中の日本で出版された雑誌ですから,紙の質は良くなく,周辺から崩壊しつつあります.まあ良くこんなものの原本が残っていたものだと感心しました.コピーを取って大切に図書館に返しました.
目賀田論文②2021
 交配その他の結果は,現在の知見とあまり変わりがありません.ただ難交配組み合わせの中でも雑種が得られることがあり,それらを元にさらに交配が進められることは,植物育種の中ではごく当たり前に行われてきたことです.このことは,翻って今目の前にあるアスロトの雑種性を十分に考慮すべきであることを示しています.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

とても興味深く読みました。
この時代に実験するだけの材料を揃えていることにまず感銘を受けました。
なぜサボテンを選んだのかきいてみたいところですが、野暮な質問ですね。
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR