fc2ブログ

CSSAのジャーナル2021夏号のアリオカルプス

 表紙はPilosocereusu,色々な記事が盛り沢山なのですが,今回はアリオカルプスの記事に惹かれました.
CSジャーナル7月①2921
 180年に渡りAriocarpus属の種を記載してきた10人余り主要な研究者の記載を時系列で辿り,その変遷を紹介しています.最も古くは1838年にScheidweilerがアリオカルプスを記載し,今馴染みのある牡丹類の分類は,Schumannが今の岩牡丹,黒牡丹,亀甲牡丹,三角牡丹を1899年に記載したことに始まります.
CSジャーナル7月③2921
 形態的特徴で最も注目されたのはアレオレです.刺を有するアレオレと花を着けるアレオレに別れるかどうか.牡丹類には刺は有りませんが,その実生を観察すると最初は明らかに刺のあるアレオレを出します.Berger (1925)は,アレオレが1つになったものをRoseocautus属としました.その後1941年にアガベボタンが発見され,Neogomesia属が創設されます.その後BackbergやAndersonによる再整理がなされ,今の年配者が馴染みのアリオカルプスとロゼオカクタスの分類が世の中に定着します.1984年にヒントニーが,1992年にブラボアヌスが発見され,さらに分類の再検討が進み,2001年にAndersonのThe cactus familyが,2006年にHuntのThe new cactus lexiconが出版され,現在の7種,Ariocarpus agavoides, A. retusus, A. scaphirostus, A. trigonusそして亜属としてAegopodatheleが設けられ,A. fissuratus, A. kotschoubeyanus, A. braboanus(亜種としてsubs. Hintoniiを含む)が確定します.
 分類自体が学問で有り、時代とともに分析の技術は進展し,その解釈は異なるのですが,出発点はいつの世も現に生えている植物です.下の写真のように同じコロニーに生える岩牡丹と三角牡丹は,単純にイボの形態や花色からは種を分けたりくっ付けたり出来ないことを如実に示してくれます.
CSジャーナル7月②2921
 何度もこれまで書きましたが,分類が整備されるということと,小さな変異をひらって磨きを掛けて園芸品種が生まれることを同じ土俵で議論してはいけないのです.分類は分類,園芸は園芸です.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR