fc2ブログ

バラ丸のいろいろ

 バラ丸たちは2月に入る頃になるとぼみが大きく膨らみます.下の写真の株は,いわゆる初期タイプのスーパーバラ丸で,花が抱え咲きというか,花弁が伸びきらないというか,特徴的な花形をしています.これを良しとするかどうか.他の系統と交配すると次世代ではこのような形質は消え失せますので,敢えて残して行くという選択肢もありかもしれません.
バラ丸大株蕾2021
バラ丸開花始2021
バラ丸満開2021
 次は数年前に実生して,昨年袖に接木したものです.あっという間に10cm近くの多頭株になりました.これはスパーバラ丸を片親に他の白い系統をかけたものです.今年は降ろして,絞め技をかけてやりましょう.
バラ丸接木群生2021
 そして下の2つは,昨年キリンに乗せたもの最も小さいものでは1cmちょっとぐらいの大きさなのにガンガン花を咲かせました.まあ実生苗でも1cmあるかないかで咲いてくるので別に不思議はありませんが,は種10ヶ月以内に咲いてくるのはさすがキリン台です.
バラ丸onキリン小2021
バラ丸onキリン小②2021
 次はウチで10年選手の実生苗です.もう何年もガタイの大きさは変わりません.でもこれが本来の姿なのでしょうね.
バラ丸10年2021
 最後は白花バラ丸という名で手にしたもの.うーんこれが白花かーと少し落胆しました.これぐらいなら普通の実生の中でもありますよね.全く中筋のない純白なら価値はありそうですが.とりあえず相互交配して種子を採ることにしました.
白花バラ丸2021
 バラ丸(Turbinicarpus valdezianus)は,チワワ砂漠の住人,メキシコでは石ころの間にひっそりと暮らしていました.遠く離れた日本でこれほどたくさんの子孫が反映しているとは思いもよらないでしょうね.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR