fc2ブログ

ナザセンシスの季節

 この美しい刺マミの花の時期を迎えました.
ナザセンシス群生202
 ナザセンシス(Mammillaria nazasensis)は,独立した種とする見解と陽炎の亜種とする見解があります.どちらの見解が正しいかはさておき,日本で普通にみられる陽炎とナザセンシスは,かなり趣を異にします.陽炎の名前の由来となったと思われる側刺の重なりが生み出すモヤっと感はナザセンシスにはあまりみられません.
 カギ刺と蕾が醸し出す独特の美しさはなんとも言えません.冬の日差しでみると下のようになり,
ナザセンシス刺と花2021
 早朝の陽射しのまだない中で眺めると下のようにと,それぞれ違った表情になります.
ナザセンシス赤刺
 以前に,赤刺と黄刺を交配したら刺色の分離はどうなるかなと思い,種子を採ってみたことを報告しました.その後得られた種子を何度かに分けて蒔いてみています.こんな小さな株ですが,健気に咲いています.こんな姿を見られるので実生は楽しいですよね.
ナザセンシス実生開花2021
 さて本題ですが,下の写真のように黄刺に赤刺をかけても,赤刺に黄刺をかけても後代には,両方の子がほぼ同じように現れます.つまりカギ刺の色に顕性,潜性は無いようです.
ナザセンシス実生刺色2021
 何はともあれ実生の様子はたいへんかわいくて且つ素敵なので,まだ残ってる種子をまた蒔いておきたいと思います.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR