碧方玉

 子供の頃,四角ヘキルリランポーは憧れでした.とても高くて買えなかったのです.碧方玉というネーミングも何か特別な物のようで魅力的でした.有星類の稜の基本数は8で,5稜のランポー玉も大きくなると8稜になりがちです.ですから稜の数を基本より少なめに維持していくのはもともと無理があります.稜の数が小さくなるほど維持は難しくまだ安定した2稜のランポー玉はありません.それでも今や3稜や4陵ランポー玉もかなり安定しているようです.サボテンをまったく知らない方が5~3稜のランポーくんをしげしげと眺め,一体何が違うのですか?と言われたのが印象的でした.そうなんです「たかが陵数」です,「されど陵数」ですね.

ヘキホウ

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
ご訪問の印にポチっと押して下さい
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR