fc2ブログ

キリンウチワ接を導入

 去年からキリンウチワ接ぎを取り入れています.これまでは春から梅雨まで袖ヶ浦台を中心に接木すれば,その年の接木作業は終了でした.袖の接木適期が終わった後,暑い季節にはキリンウチワが良さそうということで,このコンビネーションを採用することにしました.
キリンウチワ接2020
 でもウイルス感染の問題が払拭できないキリンウチワのこと,実生系の確立がなかなか実現せず,昨年は業を煮やして茎頂培養を行い母株を育成しました.そこから台木を養成し,今年は初めてまとまった株数を接げる状態になりました.と言ってもボクのところは趣味家の規模ですから,一回10本,週30本.それ以上ペースを上げると管理できなくなります.
キリン台木2020
 実生苗を乗っけた後の管理については,動かさないようにして湿度さえ保てば,特に問題はなさそうです.接いだ後は古のプラケースを2つ重ねて,明るい所で数日養生します.色々試しましたが,これ以上の下手な細工は不要でした.なおこの養生期間,暗い部屋の中に置くのはNG,暗い所はすごいストレスになる様で,直ぐに葉の黄化が始まります.
キリンウチワ接の箱2020
 ボクが思うこれから課題は,まず最適葉枚数を確定すること.背丈があり葉のたくさん着いた台が本当に良いのでしょうか.地味な試験をやってみたい.次に腋芽を取り除くのが面倒なのでなんとかしたい.これは誰しも思うこと.ちょっと秘策があり,これをこの夏に確認したい.そして冬場の管理,加温してまで葉を維持しなければならないのか,などでしょうか.


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの文字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

こんばんは。いつも楽しく拝見しています。
キリンウチワ台は私も以前から愛用しています。茎頂培養苗は調子がよく、以前は時折見られた接ぎ穂の生長不良がほとんど出ません。これで脇芽の処理が楽になれば鬼に金棒ですね。

No title

Noriaさん,いつも応援ありがとうございます.
キリンの腋芽の発達抑制は,簡便で効果の高い方法を検討しており,今のところなかなか良い結果が得られています.

こんにちは。毎日暑いですね…
私も以前いただいたキリンを使っています。台木は大きいほどいいと思い込んでいましたが、昨年、そうではないと気づきました。今は、接いだ時に10cmくらいになるサイズのものを使っています。
今年はシャコバサボテンも使ってみていますが、こちらもなかなか良く、今のところ肥りは同等です。葉面積は明らかにキリンが大きいのですが、呼吸なのか、簡単に比例しないところが面白いです。

No title

しまねっこさん,いつもありがとう。
シャコバ接ぎは、ボクも興味を持ってます。雑種なのでそもそも強健なのだと思いますが、吸肥性に優れているのかもしれません.子供の頃、元気のないシャコバを抜いて鉢底に沢山の鶏糞を入れたら、みるみるうちに葉が艶々になったのに愕きました。適した品種がありそうですか?

残念ながら品種間差を見るには至っていません。シャコバは接ぎ挿しなのですが、良くつきます。キリンも接ぎ挿ししてますが、結果は良好です。
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR