fc2ブログ

渋い鉢に植えられたギガス

 サボテン栽培は鉢には無頓着です.黒のプラ鉢がもっとも成長するので,これを使っているわけですが,確かにオシャレではありません.でも,もともと部屋に置いて眺めるものではない(とボクは思っている)ので,仕方がないのかもしれません.でも同様なことを盆栽に当てはめると,鉢の良し悪しは作品そのものの重要な要素です.盆栽も室内に置いて鑑賞することはあっても,基本外で育てるものですよね.サボテンにも良い鉢は必要なのかもしれません.
 ボクはサボテンを室内で鑑賞することに抵抗があるので,窓辺におけるものは本当に限られます.冬場にしか陽が差し込まない窓辺で元気にしているのはハオルシアぐらいです.
ギガス鉢2020
 これは,ギガスですが,その学名はHaworthia arachnoidea var. gigasを当てていますが,H. arachnoidea var. setataとする見解もあり,これがより一般的に受け入れらている学名のようです.
ギガス中心2020
 冬の陽射しに輝く様子は,"papierrosie" (paper-rose) とか "spinnekopnes" (spider-nest)と呼ばれているということがよく理解できます.
ギガス逆光2020
 冬の窓辺は,そこならではの楽しさもありますね.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR