fc2ブログ

種まき用の土はどんな土?

 種まきにどんな用土を使うのかは人それぞれです.昔は無肥料の川砂などに蒔くと良いとサボテンの栽培書には書かれていました.最近は栄養の入った用土に蒔く方もあると思いますが,今なお細粒の赤玉などが多いでしょうか.かくいうボクもサボテン趣味を再開してから何度も用土を変えました.実生ヘタクソ趣味人を自称するほどひどい状態を繰り返して来ました.
 最近ようやく安定して使うようになったのが,タキイ種苗の種まき培土.つまり普通の草花用の種まき用土です.細かいピートをベースにしていろいろ配合してあるようです.肥料が30−40日持つとあるので,緩効性肥料が入っているのでしょうか.これをトレーにあまり厚くならないように入れ,そこへ種子を巻きます. 
実生の用土①2019
 そして細かな砂利を上から敷きます.種子が埋もれても大丈夫,種子の大小にかかわらずちゃんと砂利の隙間から生えて来ます.後は用土を乾かさないよう管理するだけ.面倒なのでスーパーのレジ袋をかぶせることが多いです.
実生の用土②2019
 これはバラ丸ですが,ちゃんと砂利の隙間から芽を出します.
実生の用土③2019
 生えて来たらだんだん換気して普通の湿度に慣らします.半年から1年ぐらいまで放置,充分育ってから移植します.以前は発芽してそんなに時を経ずに移植していました.でも放置した方が安定しているのです.下の写真は有星類いろいろですが,ここまで放置です.
実生の用土④2019
 太平丸もこの用土での生育は極めて旺盛で,これまでにない実生の生育が観察されました.何事も手間をかけずに、そこそこの成果というのが良いですね.栽培困難種以外はこれで十分かなと思っています.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

こんにちは。
砂利の間から顔を出すチビサボがいいですね。私も最近、半信半疑ながら播種後に砂利を敷いております。赤玉細粒の上に播くとよくあった根の露出や苗の倒伏などがあまり見られず、意外にも良くて驚いています。

No title

Symさん、ご訪問ありがとうございます。
以前に欧州のサボテン屋さんで、こんな実生方法を見て、変わったことするなーと思ってたんですが、やってみると、なかなか具合が良いことがわかりました。
今後ともよろしくお願いします。

No title

こんにちわ。砂利を敷くというのは目から鱗でした。
砂利の大きさはどのくらいでしょうか。砂だとまた乾いちゃうし細かすぎてダメそうですね。

No title

ふるんさん,ご訪問ありがとうございます。
金魚用の水槽の底砂を使っています。大きさは,2分、つまり5〜7mmぐらいです。一度よく洗ってから使っています。一袋2.4kgで790円という価格で、これで相当な量の種蒔きに使えます。
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
サボテン少年でした.

2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.

第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.

残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR