fc2ブログ

パキポの実生たち

 昨日,パキポの実生の話を出したので,その続編です.
 去年と今年は,主にブレビカウレについて種子の生産と種子発芽を検討しました.ご存知のようにブレビカウレは,マダガスカル中央高地の真ん中,首都アンタナナリボの南部に自生します.有名な場所はイピティ山麓です.標高2000mぐらいですから,やや熱帯高山性の植物といえます.この付近にはたくさんのブレビカウレが自生しており,世代交代も行われています
 種子の発芽適温は25℃付近で,明条件でも暗黒条件でも発芽率に差はありません.春に蒔くと,普通に生えて生育して行きます.
ブレビカウレ の芽生え2019
ブレビ実生生育2019
 自家受粉と他家受粉を比較してみると,着莢率,1粒種子重および発芽率において自家受粉がやや低い値を示しました.下の写真は自殖種子由来の実生と他殖種子由来実生を箱まきしたものです.2回繰り返しの様子ですが,共に自殖種子の方がよく生えてます.ひとたび発芽した実生の生存率には差がありませんが,その後の生育はどうなるでしょうか,現在継続調査中です.
自花他花実生2019
 結論的には,ブレビカウレは自家受粉しますが,種子を生産するには他家受粉が良いといえます.さて,試験の残りは、先日一斉にバットに播種しました.気温もちょうど良いのかあっという間の一斉発芽でした.
ブレビ箱まき2019
 実生もたくさん出来たし,今年産の種子も数千粒あります.今後これらを使って,更に少し踏み込んで検討してみましょうか.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい、よろしくお願いします.
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
金沢に生まれたボクは,熱心なサボテン少年でした.2010年,30年数年ぶりにサボテンに本格復帰.2020年末,長年の夢だった栽培場を開設.第二の人生は,サボテン中心に生きることを決意.残された時間は,心からサボテンを楽しむ事にした.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR