廣仙園2011晩秋

 北陸では11月下旬になると雷を伴った雨雲に覆われる日が続きますが,これを鰤起こしと呼んで鰤漁の始まりと同時に冬の始まりのサインと捉えます.こんな荒れ模様だった金沢出張の帰りに,廣仙園さんにお邪魔して来ました.改札が無人のローカル駅から歩いて10分ほどでしょうか,元気なワンコが迎えてくれました.幾棟かのハウスは,有星類,北米もの,南米もの,牡丹類と綺麗に分かれていました.なんといっても特筆すべきは,接ぎ木苗が全くないことでしょうか.ウチは実生屋ですから,とおっしゃる中川園主には,良いものときちんと実生で育てるという強い信念がお有りのようです.国内では色々な種類を幅広く実生するサボテン屋さんが少なくなっているそうで,それは日本のサボテン界にとっては危ういことです.帰りは米原駅まで送っていただきました.いくつかのマミラリアとギムノを抱えて電車に乗り,やはり実生は大切だなあと改めて思いました.

廣仙園

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

さぼちゃんさんこんにちは
滋賀の実生名人のところに行かれたのすね。ぼくも行きたくなります。年に数回ですが、お邪魔させていただいてます。しばらく暇がないのですが・・・接ぎ木がほとんどないのはそういえば・・・といま、気がつきました。

No title

Guritogureさん、いつもありがとう。
そうですか、時々訪問されるのですね.ボクのところからはどのサボテン屋さんも遠く、なかなか行けません。やはり、見て、吟味して買うのが楽しいです。
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR