刺なしデュエイの競演

 以前に前歴の異なる刺なしデュエイの様子を記事にしたのは一昨年の冬です.あれから時間が経ち柔らかく育っていた方の株も締まった良い群生株になりつつあります.両方とも春の陽射しに誘われて,精一杯小さな花を咲かせています.この2株は開花期が微妙に異なり,内生のリズムか,温度反応なのか分かりませんが,どうやらクローンではなさそうです.交配してみましょうか. 
刺無しヂュエイ2018①
刺無しヂュエイ2018②
  このように多数に分枝して,それぞれに小さな花をたくさん着けるという生き方を選択したのはどうしてでしょうか.こうすると何か良いことが有ったに違いないのですが,不思議だなーと思うのです.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR