バンコクJJマーケットのサボテン

 タイは空前のサボテンブームです.ウチに来るタイの若者もサボテンの栽培に興味津々,中には帰ってサボテンファームを始めるものもいます.大都会バンコクのチャトゥチャックマーケット(通称JJマーケット)は週に2回植物市になります.特に火曜の夜はちょっとレアなものも出るので有名です.
 さて日もかげり少しは歩きやすくなったJJマーケットをぐるりと歩いてみました.マーケット内には小さなブースがたくさんありますが,サボテンを扱うブースが20以上はあるでしょうか.20年ほど前にここを歩いたときは,まったく見られませんでした.ごく大衆的な品を扱うベンダーから,これはいかにもマニア対象と言ったベンダーまで色々です.
バンコクJJ⑤
バンコクJJ⑥
大昔は日本、昔は韓国、今はタイ、中国で生産されてるのかな、緋ボタンが日本オリジナルって知る人は少なくなってるんじゃないでしょうか.
バンコクJJ①
バンコクJJ⑧
以下少しマニアックなベンダーさん.
バンコクJJ②
緋牡丹錦は、大人気のようです.
バンコクJJ⑦
バンコクJJ③
こんな実生苗を売ってる所も.
バンコクJJ④
タイのサボテン業界は、これからどうなるのでしょうか?

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんにちは、お久しぶりです。
最近ある方のブログで紹介されていた タイ人著者の「サボテン全書」を購入したところです。
サボテンが盛んなのがよくわかりました。
ところで、緋牡丹とかの接ぎ台は三角柱しか見かけませんがどうしてでしょう。
私には三角柱を育てられないから不思議に思います。
おそらく 畑で育てるのでしょうね。

No title

ガッテンさん、お久しぶりです。
気温の高い国なので、三角柱が最も育てやすいんだと思います。台木の太さから見ても多分実生だと思います。ドラゴンフルーツが多く生産されていて、実生苗を生産するための種子も簡単に手に入るのだと思います。
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR