かげろうは春の季語

 かげろうとは,局所的な温度差によって生まれた密度の異なる大気が混ざり合うことで光が屈折して、遠方の物体が細かくゆれたり形がゆがんで見える現象です.このためぼんやりとした風景になる訳です.このサボテンを眺めると,細かな側刺が重なりあって,本体がぼんやりとすりガラスの向こう側に居るように見えることから陽炎と名付けられたんだろうなと推察できます.ぼんやりと雲がかかるように見えるところからすくっと花が出ている様は,とても美しいものです.
陽炎2018②
 2枚目の写真は,昨年初夏に小さな鉢にいっぱいになっていたのを‘救出’したものです.しっかり膨れて元気よく花を上げてくれました.
陽炎2018①
 かげろうは春の季語,コイツが咲くといよいよ春の到来です.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR