サボテンのふしぎ 埴 沙萠

 科学のアルバムという子供向けのシリーズものです.その昔,シャボテン誌にもしばしば登場した埴 沙萠さんの著.瀬戸内海の島に地植えのサボテン園を創る記事をワクワクしながら読みました.今でも当時のさぼちゃんは生き残っているのでしょうか.科学アルバムというだけあって,正確な知識の上に科学的に書かれていています.子供たちに植物の不思議を存分に味合わせてくれる優れた本だと思います.サボテン少年が増えると良いなあー.

ハニシャボウの本

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんにちは。
色んな本があるんですね。
即売会に行っていて感じるのは、サボ趣味の人が
圧倒的に50代以上の男性が多いって事です。
女性もチラホラ居ますが、多肉好きが多いような・・・。
たまに若い人が買ってたりすると、何だか嬉しい気持ちに
なります。サボテン少年が増えると良いですね^^

No title

yourinさん、いつもありがとう。
ほんとサボテン少年,少女が増えたらいいですねー。
毎年バザーにサボテンを出して、なるべく若い人に買ってもらうようにしています。
先日もパートの方のお子さんにサボテンを一つ差仕上げらたいへん興味をもったと言われ,とても嬉しくなりました。

No title

埴 沙萠さんの瀬戸内は雨振(という場所だった確か)の露地栽培、私も最も刺激的に感じながら読んだ記事でした。その後、ある人に聞いたら、いまはほとんど跡形もないらしいです(涙)。草取りをしなけりゃ雑草に覆われてしまうし、日本では人手をかけないと露地栽培も難しいですね。


No title

Shabomaniacさん,いつもありがとう.

そうそう,雨振という地名でした.たぶん広島県のとある島だったような.

そうですかーーやはりなくなってますか.瀬戸内は無霜地帯も多く,降水量も数百ミリという大変乾燥した島もあり,条件的には結構いけるんですけどねー.それでも雑草に埋もれないようにするのは,人手が必要なのでしょうね.
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR