金剛丸白斑の実はどうなってるの?

 少し前に金剛丸白斑はだんだんと斑が目立たなくなるという記事を書きました.その時ウチに居た株は5cmもない小さなものでした.先日偶然三河サボテン園さんのハウスで,この写真の株を認めました.園主さんは白斑はだんだん見えなくなるんだよねと仰ってましたが,ボクが注目したのは実?の方です.赤い刺と疣を出している実のようなものを着けています.この株ばかりではなく,他に並んでいた金剛丸白斑と名札の立ったものは皆同じでした.これはいったいなにが起こっているのだろう?家に1株あることは承知の上で,手にして帰って来ました.
金剛丸モン?2017①
金剛丸モン?2017②
 帰ってからトゲトゲの実と普通の実と取り外して縦に切ってみました.ご覧のように中にまともな種子はありません.マミラリアに時折見られる果実だけを肥大させるという現象のようです.
金剛丸モン?2017③
 それにしても,このトゲトゲの実はどうして出来るのでしょうか.普通の実を着けたままにしておくとこうなって来るのでしょうか.それと、白斑というのが気になります。これはもしかして、何かが感染しているの?と疑ってしまいました。いくつかのサボテンにマイコプラズマが感染して、それによってモンスト化していることが既に知られています.珍品、奇品をありがたがるのは、今も昔も日本園芸の特徴ではありますが、なんだか不気味なことだなと思ってしまします.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR