赤黄のレプタカンサ

 マミラリアには同じ種で赤花と黄花を咲かせるものがいくつもありますが,これほど鮮やかに赤黄が分かれるのはちょっと珍しいかも知れません.赤花の方が若干刺にも赤みがあるでしょうか.こんな種は並べておいて眺めるのが楽しいものです.朝霧・夕霧の記事でも書きましたが,赤花黄花があること自体は不思議なことではありません.ただ、自生地でも混じっているのだろうか?交配するとどちらが優勢だろうかといろいろ考えてしまうのです.
レプタカンサ赤
レプタカンサ黄
 それにしても,長い刺がうねる中を咲いているこのような花は、一体だれがポリネーターなのでしょうか,どこへでももぐりこめるような器用なやつでないと務まりません.自生地では小型のハエのようなものがやって来ているのかも知れませんね.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR