ヘキランの造形

 ボクは有星類のなかではヘキランが一番好きです.ほかの有星類はあまり集める気になれず、もっぱらヘキランだけ株数が増えてゆきます.子供の頃知っていたランポー玉は陵が痩せたものが多く、タマウリパスランポーと呼ばれたふっくらタイプが高価でした.ヘキランも同様でしたが,今はまん丸のヘキランがたくさん流通しており嬉しくなります.さらにアレオレの部位が独立して突起して来る亀甲と呼ばれるものや稜間に多数の突起が出来る複隆など色々なタイプが生まれています.これまで何度も紹介した紅葉系も楽しいものです.
ヘキラン副隆2017
 ボクはどちらかといえばシンプルな中に美しさが見えるタイプが好きなので,この写真のようなタイプが限界,これ以上ごちゃごちゃしたものは好みません.ご覧の様に花は正常で,交配種すると種子も取れます.でも,まん丸のヘキランを目指しているボクにとっては,これを親にした交配は想定外です.

面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR