シャボテン幻想 龍胆寺雄の本

 ボクがまだ子供の頃の話です.ボクは龍胆寺雄さんに何度が手紙を書き,幾通かの返事をもらいました.ぜひ彼の温室が見たくて,旅行を準備したのですが,体調を崩して実現せず.ついにお目にかかることはありませんでした.
 子供の頃読んだ龍胆寺さんの文章には独特の雰囲気があり,他のサボテンものの書物とは違いました.今,この本を読んでみて,改めて彼は文人であることを認識しました.医学生であり作家に転身した氏は,理系的知識を持ちつつも諸事を文学に落とし込むスタイルの中で,相当の飛躍と曲解とも言える解釈をものともしません.ですから今読んで見ると,オヤオヤと思う点も多々あります.でもこれは文人が書いた随筆であり,サボテンの科学的啓蒙書ではないのです.懐かしいなあと思いながら丁寧に読みました.

シャボテン幻想


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

こんにちは

さぼちゃんだいすき さん、こんにちは。
良い本をご紹介下さいましてありがとうございます。
龍胆寺ファンの私としては放ってはおけません。
早速入手して読みます。

アレオーレさん、そうでしたか。ボクは、竜胆寺さんのサボテン本しか読んだことがありません。
残念ながら、今は、あまり良いサボテン本がありませんね。
プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR