タイのサボテン屋さんその1

 兜に特化した経営のティーラワットさんの温室です.タークに本農場があり,チェンマイにもこの写真のような展示ハウスがあります.確かに兜ばかりです.ただここで展示栽培されている兜の大部分は,ごく普通の顔です.タイでは今,スーパー兜が特にゼブラ柄が人気とか.またIさんのスノーホワイトが高値を呼び「I」と付いただけで高いそうです.3cmほどのスーパー兜に1000〜3000バーツの値札が付いていました.
 しばしばタイの方が日本のオークションで,心配するくらいの高値で競り落として帰るのですが,今回その仕組みが理解出来ました.日本で買った兜は転売される訳ではありませんでした.その写真を見せて,そこから採った種子を販売するのです.最高級の日本のスーパー兜の種子は,1粒40バーツ(ざっと140円)で売れるそうです.ちなみに無選抜の兜の種はだいたい30粒で100バーツ(350円)が相場.大きな株の兜は相当数の種子を生産しますので,たとえ数万円競り落としても1シーズンで元が取れる計算です.タイ国内で良い兜は,なお需要が供給を上回っている状況らしいです.

チェンマイサボ屋1ー②.
チェンマイサボ屋1ー①.
チェンマイサボ屋1ー③.


面白い,なるほど,へーそうなの?などと思ったら下のサボテンの字をポチっと押して応援して下さい
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さぼちゃんだいすき

Author:さぼちゃんだいすき
2010年,30年数年ぶりにサボテンに復帰.

本格的再開をめざして,あれこれ勉強中.

残された時間でどうサボテンと向き合うか思案中.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR